M愛すべき人がいてのメイは誰?実在する親友でドラマにも出てくる?

M愛すべき人がいて

原作小説(著:小松成美/幻冬舎)を実写化したドラマ「M 愛すべき人がいて」

原作とドラマとは違う部分もあるようですが、放送を見る度に"浜崎あゆみってこんな事があったのかな?"なんて思いながら見ている方も多いと思われます。

 

じつは原作「M 愛すべき人がいて」には、あゆの親友として登場するメイという女性がいます。

メイって誰?実在するの?

 

今回は、「M 愛すべき人がいて」のメイは誰なのか、あゆの親友として実在しドラマにも出てくるのかについてご紹介します。

 

M愛すべき人がいてのメイは誰?

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@mpy102)がシェアした投稿

平成の時代をカリスマ的な存在で築き上げた歌手・浜崎あゆみ。

その歌姫誕生に秘められた、出会いと別れの物語を描いた小説「M 愛すべき人がいて」に登場するメイとは誰なのでしょうか?

気になっている方もいると思うので、詳しくご紹介していきます。

 

「M愛すべき人がいて」のメイとは?

まずは原作小説から解説させていただきます。

今から20年以上前に遡り、母子家庭の母と祖母と暮らしていた浜崎あゆみさん。

家計を助けるため、その頃から「浜崎くるみ」として芸能活動をしていました。

 

高校生になり芸能コースに進学したあゆは、高校生活に馴染めず、同じ所属事務所で女優の"メイ"といつも一緒に遊んだりしていました。

 

あゆが松浦勝人と出会うきっかけとなる、当時爆発的な人気を誇っていたディスコ「ヴェルファーレ」

あゆはメイと一緒に年齢を誤魔化して、このヴェルファーレに通っていたのでした。

その後、あゆがくじけそうな時や辛い時も支え続けてくれる存在となるのです。

 

中学から高校生の時って、色んな事に興味津々で遊びたい盛りでしたよね?

そんな時をいつも一緒に過ごしていたメイという女性は、あゆにとって唯一心を許せる女性だったのではないでしょうか?

 

「M愛すべき人がいて」のメイはドラマにもいる?

現在、ドラマ「M 愛すべき人がいて」は2話まで放送されていますが、"メイ"という名前の女性は登場していません

 

名前はメイではありませんが、あゆの友人役に「玉木 理沙」という名前の友人が登場します。

役を演じているのは久保⽥紗友さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

久保田紗友(@kubotasayu)がシェアした投稿

ドラマでは、アユの親友であり、同じ事務所に所属し歌手を目指しています。

 

アユをディスコに誘い出したのもこの玉木 理沙という人物でした。

しかし、あゆがマサ(松浦勝人さんをモデルにした人物)に気に入られて成長していく事をひがむようになり、嫌がらせをするのです。

 

玉木 理沙がメイだと確定はしていませんが、原作のメイと一番近い人物としては可能性が非常に高いのではないのでしょうか。

 

M愛すべき人がいてのメイは実在する親友だった!

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAtsuKI Girty’s Key(@japan_natsuki)がシェアした投稿

それでは、「M 愛すべき人がいて」のメイは誰がモデルとなっていたのでしょうか?

そこで名前が挙がったのが、「豊田 夏来」という女性です。

 

小説のメイと同じく元女優で、ファッションブランド「株式会社Girty’s key」を起業した方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAtsuKI Girty’s Key(@japan_natsuki)がシェアした投稿

浜崎あゆみさんのファンであればご存じの方もいらっしゃるかと思われますが、ツアーでもお手伝いをされていた事があります。

 

浜崎あゆみさんのTwitterにも度々登場し、豊田さんは浜崎あゆみさんの事を"CHIBI"と呼んでいるそうです。

 

皆にいつもあゆちゃんを支えてくれてありがとぉって言葉をかけてくれるの違うんだよ。
CHIBIがあたしを支えてくれてるんだ。みんなほんとにありがとねぇ!

と、Twitterに投稿した事もあるそうです。

 

二人の出会いは豊田さんが浜崎あゆみさんに「アボカド食べよう」と声をかけたというエピソードがあります!

しかし、実際は浜崎あゆみさん方から携帯の番号を聞いてきたそうです。(1999年 ラジオ「オールナイトニッポンスペシャル 浜崎あゆみはバカじゃなくない」より)

 

小説の「メイ」は、豊田さんが5月生まれだから、それにかけて名づけられたのでは?という噂もあります♪

 

ドラマのように、あゆの出世に対しひがみ等があったとしても仕方ないかもしれませんが、その後もお付き合いが続いているという事はずっと支えてきてくれた存在である事は間違いないと思います。

 

浜崎あゆみが親友の捧げた曲がある?

じつは、直接感謝を伝えるのが苦手な浜崎あゆみさんが、親友の事を想って歌った曲があるとの情報を入手しました。

一体どんな曲なのか気になったのでご紹介します。

支えてくれた親友への曲:For My Dear

1999年に大ヒットした浜崎あゆみさんの4stシングルです。

 

歌詞の中には、

「夢に見た幸せは つかむまでが一番いい
手に入れてしまえば今度は 失う怖さ襲うから
だからってわり切れるくらい 人間って簡単でもない」

などと、デビュー当時の浜崎あゆみさんの心境を思わせるような歌詞があります。

 

また、
「寂しさが自分を繕う 一人きりなりたくないから
私にはあなたがいるから平気と思って眠りに着きたい

という歌詞の部分。

 

人によっては"あなた"が恋人と感じる方もいると思いますが、当時のあゆにとってはここも支えてくれた親友だったのではないかと思います。

あゆにとって親友の存在がいかに大きなものだったのか伝わって来ますね♡

 

親友への感謝の気持ち:Wishing

こちらは、まさに浜崎あゆみさんが親友・豊田夏来さんに歌った曲なんだそうです。

 

親友への感謝の気持ちがしっかりと伝わる歌詞で、ラストのサビの

いつも頼ってばかりだけれど、今度は私が守るからね」という所なんて、メロディーの盛り上がりと同時に聞いていると胸が熱くなります!

 

豊田さんも、この曲を聞いた時には感動されたのではないでしょうか。

 

M愛すべき人がいてのメイは誰?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中みな実 FAN PAGE(@tanaka_minami_fan)がシェアした投稿

いかがでしたか?

今回は「M愛すべき人がいてのメイは誰なのか」についてご紹介しました。

 

原作小説から考えると、親友メイの存在がなければ浜崎あゆみさんの誕生は違っていたかもしれないと思うと、貴重な人物ですよね。

 

結局はお互いに違う道を進み、昔のようにいつも一緒というわけにはいかなくなったと思います。

しかし、共に支え合い、夢を叶えた浜崎あゆみさんの成功を心から喜んでくれていると思います。

 

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の親友・玉木 理沙は現在2話で嫌がらせ真っ最中です(笑)

今後のアユとの関係はどのようになっていく設定なのか楽しみですね♡

 

タイトルとURLをコピーしました