ミステリというなかれ最終回ネタバレ!漫画の結末は意外な結果に?

ミステリというなかれ,最終回,ネタバレ ミステリというなかれ

ミステリと言う勿れ』(ミステリというなかれ)は、田村由美のミステリー漫画です。

 

ミステリというなかれの最終回ネタバレはどうなるのでしょうか?

ミステリというなかれの漫画の結末は意外な結果だったのです。

ではさっそく、ミステリというなかれの最終回ネタバレをみていきましょう。

ミステリというなかれ最終回ネタバレ!

ミステリというなかれ,最終回,ネタバレ

ミステリというなかれ』は、大学生の久能整が事件に巻き込まれて、それを解決していく物語です。

ミステリというなかれの登場人物をご紹介!

ミステリというなかれ,最終回,ネタバレ 久能整(くのう・ととのう) 天然パーマの髪に仏頂面の大学2年生。
カレーを作るのが趣味で、友人も彼女もいない。観察力・記憶力・推理力は並外れたものがあり、事件を解決しながら、周囲の人々の悩みも解決する探偵役。
ミステリというなかれ,最終回,ネタバレ 犬堂我路(いぬどう・がろ) バスジャック事件で整と知り合ったお金持ちのイケメン男子。
新たな事件へと整を誘導する物語の主要人物。
ミステリというなかれ,最終回,ネタバレ ライカ 整が惹かれている。入院先の病院で出会った頭脳明晰で美しい女性。
天達(あまたつ) 整のゼミの心理学の先生。整が信頼している人物。
美吉喜和(みよしきわ) 天達の恋人。心理療法士。5年前に亡くなっている。
相良レン(さがられん) 整と同じゼミの仲間。
風呂光聖子(ふろみつせいこ) 大隣署の巡査。男性社会の警察署内で悩みを抱えている女性。

この他にも大勢の登場人物がいます。

ミステリというなかれの内容は?

ミステリというなかれ』は、事件ごとのepisodeに分かれています。

“解読解決青年”の久能整が、事件を解決していきます。

episode1 容疑者は一人だけ
episode2 (前編)会話する犯人
(後編)犯人が多すぎる
episode3 つかの間のトレイン
episode4 4-1思惑通りと予定外
4-2相続人の事情
4-3落とされたものは
4-4鬼の集い
4-5殺すのが早すぎた
episode5 雨は俎上に降る
episode6 ばちあたり夜話
episode7 暖かいのか温かいのか
episode8 8-1天使の言い分
8-2遠火と近火
8-3淡雪と消える
8-4カエルの炎描
episode9 デートならぬ遠出
episode2.5 2.5-1骨の在処はまだ
2.5-2開かぬ箱
2.5-3帳は幾重にも
episode10 10-1嵐のアイビーハウス
10-2嘘をできるだけ
10-3嘘をひとつだけ
episode11 星降る舌八丁
episode12 耳寄りな話
episode13 13-1ネガティブなポジティブ
13-2誰も寝てはならぬ
episode12.5 enclosure
episode14 14-1誰が誰に誰を誰と
14-2囁くよる

14-2囁くよるまでが、現在発刊されている9巻までのepisodeの内容となります。

月刊flowersでは、14-3渉猟の果て、14-4円になる、14-5輪舞まで話が進んでいる『ミステリというなかれ』です。

ミステリというなかれのあらすじは?

ここでは、ミステリというなかれのepisode1(容疑者は一人だけ)をご紹介!

ある冬の寒い日、久能整(くのう・ととのう)は大学生で、カレーを煮込んでいました。

そこへ、大隣署の藪と池本と言う刑事がやってきたのでした。

整の昨日のアリバイを尋ねる藪。

夜10時頃はカレーを作っていたと言うと、近くの公園で死体が見つかったので署まできてほしいと言われるのでした。

亡くなったのは、大学の同回生で高校の同窓である寒河江

何でも現場で久能に似た人物が寒河江と口論していた目撃情報があると言われます。

その日は、冷静に対処した整。

 

翌日も警察での取り調べが始まりました。

整は、自分に対する話のほかに刑事たちの雑談も聞いていました。

・反抗期の娘に悩む乙部巡査
・先輩たちの圧力で委縮してしまった風呂光巡査
・妊娠している妻の態度が腹立たしい池本巡査
・過去の冤罪事件に囚われている青砥巡査部長
・最愛の妻と息子をひき逃げされた藪警部補

これらに対して、助言をする整。

 

5日目の取り調べで、1年前に失くした整の鍵を交番に届けたのは薮警部補とわかります。

整は、寒河江が薮の妻と子供をひき逃げしたことに対する復讐と判断

藪は整に罪を着せようとしたことを認めるのでした。

 

寒河江が藪の妻子をひき逃げした事件・・の真実。

犯人は、寒河江の先輩のひとりでした。

寒河江は金持ちだったので、お金を巻き上げられ車も先輩たちに乗り回されていたのです。

 

風呂光巡査が犯人を追い詰めて、結局犯人は自首してきました。

寒河江を仇だと思って復讐した藪警部補でしたが、実際は別の人間だったのです。

泣き崩れる藪警部補・・・痛ましい事件です。

整は、警察から解放されて自宅へ戻っていくのでした。

『ミステリというなかれ』はこのように、事件に巻き込まれた久能整が事件を解決していく作品です。

ミステリというなかれ漫画の結末は意外な結果に?

漫画『ミステリというなかれ』は、まだ最終回を迎えていません。

結末はまだわからない状態です。

ここでは、『ミステリというなかれ』の漫画の結末を予想してみましょう。

漫画の結末①ライカに関係があるのでは?

整が入院した病院で出会った女性のライカ

彼女は暗号を自在に操り、最初に出会ったときも数字の羅列暗号で整を呼び出しました。

ライカとクリスマスのプレゼント交換をした整は、ライカからツリーの赤いオーナメントを貰います。

ライカには、美術館で買ったポストカードをあげた整。

  • ライカは人と会うのが嫌いな性格
  • ライカは親から虐待を受けていた

ライカと初詣に行った整は、彼女から頭の病気だと聞くのでした。

 

整とライカは、大鬼蓮(おおにばす)美術館で事件に巻き込まれました。

その事件を解決した後、整はライカから衝撃の告白を聞くのでした。

  • 整が病院で見かけたライカによく似た「千夜子(ちやこ)」という女性
  • 千夜子は父親の虐待から自分を守るために、いくつもの人格を作ったこと
  • その人格の中のひとりが、父親が愛蔵していたカメラのライカで自分だということ
  • そのうちに人格は統合されて、ライカも消えていくこと

 

整の母は、祖母に心身を痛めつけられ感情を失くしてしまい、整が幼いころに自殺をしてしまったことをライカに話す整。

ただ、整は他殺ではなかったのか・・と疑っていたのでした。

漫画の結末②意外な結果に?

ライカに恋心を抱いている整。

しかし、ライカは千夜子が作り出した人格のひとりで、そのうちに消えていく存在だったのです。

『ミステリというなかれ』は、心の病からライカが生まれ、整の母親は自殺することに。

物語のポイントは“心”!

 

ライカが消えて行く前に、整の心の悩みを解決してくれるのではないでしょうか?

ライカは消えるけれど、整のことを千夜子は覚えていてくれた・・と言う意外な結果になるのではと思います。

友だちも恋人もいなかった久能整。

事件に巻き込まれるたびに、友だちができていきます。

 そして最終的には、恋人も・・と思ってしまう筆者です。

ミステリというなかれ最終回ネタバレ!漫画の結末は意外な結果まとめ

ここでは、 「ミステリというなかれ最終回ネタバレ!漫画の結末は意外な結果に?」ということで、『ミステリというなかれ』の最終回ネタバレをみてきました。

漫画の結末は意外な結果になると予想したのは筆者です。

ミステリというなかれの最終回は、まだわからない状態。

漫画『ミステリというなかれ』の最終回がわかりましたら、追記してネタバレをしていきますね。

タイトルとURLをコピーしました