娼年が伝えたいことは結局何?解説・考察から結末をネタバレ!

娼年

恋愛小説が原作の映画「娼年」では、松坂桃李さんが主演をつとめています。

娼年が伝えたいこととは結局何だったのでしょうか。

ここでは、娼年の解説や考察から結末をネタバレしていきます。

 

作中ではかなり過激なシーンがあり、「娼年」は実際にやっているのと言う声もあったようです。

そして、娼年の上映後に「何か伝えたいこと」を感じ取れた人も多いようでした。

では娼年が伝えたいこととは結局何なのか見ていきましょう。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

公式サイトで0円視聴を体験する

配信サイトを確認する

「娼年」が伝えたいことは結局何?結末をネタバレ!

娼年,伝えたいこと,

まずは娼年の結末ネタバレやあらすじを見ていきましょう。

娼年のあらすじは?

森中領(リョウ)(松坂桃季)は、大学にもロクに通わずバーテンダーのアルバイトで生計を立てながらつまらなさそうに生きていた大学生。

そのバーに幼馴染の進也が女性を連れてやってきて、1杯飲んだ後に去っていきます。

グラスの下には「閉店の時間に店の前で待ってる」との紙が。

 

閉店後、女性に会員制ボーイズクラブ“Le Club Passion(クラブ パッション)”に誘われます。

そしてその車中に領が「女なんてつまんないよ」とつぶやいたことがきっかけになり生まれつき耳が不自由な咲良とのセックスを命じられます。

その後領はボーイズクラブの試験に合格し“娼夫”として働くことに。

領はさまざまな女性と肉体関係を持ち、最終的には一人前の男として女性と接することができるようになって終了となります。

松坂桃季とキャストたちの濡れ場が多く、内容的にも映像的にもかなり刺激的な映画です。

娼年の結末ネタバレは?

最初はぎこちなかった領ですが、少しずつやりがいのようなものを感じ始めてきました。

そこには、悩みや特殊な趣向を持った女性たちを相手にして「相手の欲望を解消させること」に成功していったからです。

超売れっ子になってお店でもナンバーワンを争う存在になった領。

彼に思いを寄せている女友だちの白崎恵(桜井ユキ)にボーイズクラブの仕事をしていることがバレ、大学にもほとんど行かないようになってしまったのです。

 

御堂静香(真飛聖)は頑張っているので、領の願いを何でも一つ叶えてあげると提案します。

実は領は、以前から静香に憧れていました。

10歳の時に母を病気で亡くして以来、領は心の傷を埋めるように年上の女性への愛情を求め続けてきたのです。

しかし、静香に受け入れてもらえなかった領。

そこで、もう一度情熱の試験を受けさせてほしいと頼みます。

静香に成長した自分を見てもらいたいとの一心で。

 

その後静香から、昔「娼婦をやっていたこと」や「咲良は自分の娘で手伝いたいと言ってくれたこと」、そして「自分がエイズに感染していること」聞かされました。

本当は静香も領に気持ちがあった、でも病気があったので断ったのでした。

 

領の試験の相手は咲良(冨手麻妙)。

しかし、最初のときとは違い女性の心に寄り添って欲望を満たしていく領

成長した領は咲良を通じて、静香と心を通わせ合うことができました。

 

その後、ボーイズクラブは警察に摘発されて営業停止に。

逮捕された静香は領に手紙を送ってきました。

10歳のとき、路上で倒れて病死した領の母親は娼婦をしていたことが書いてありました。

 

身体を通して会話することを覚えた領は自分の進むべき道を見つけました。

咲良と一緒にボーイズクラブを再開

女なんてつまんないよ」と口にしていた頃の投げやりな表情はなくなり、立派に成長した領の姿があったのでした。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

公式サイトで0円視聴を体験する

配信サイトを確認する

「娼年」が伝えたいことを解説・考察!

娼年,伝えたいこと,

ではこの娼年で伝えたいこととは何なのでしょうか。

松坂桃李さん本人がこの「伝えたいことは何か」というインタビューに答えています。

また著者視点での考察も入れてみていきます。

性に関しての人間とは何かを考えさせられる

娼年,伝えたいこと,

まずは人間とは何かを考えさせられるということです。

性交渉に関しては人間生きていればほぼ必ずするものですが公衆の面前で堂々と言うのは気が引けます。

しかし酒の場では性の話で盛り上がったりするのも事実です。

 

このように場所によって性の話をしたりしなかったりするわけですが娼年では直球で性に関する情報が流れています。

ほぼ毎秒と言っていいほど性が関わってきますがこれには「欲望を直視しろ」といったメッセージが込められていると感じます。

 

友達とたわいもない話をしている時と居酒屋で酒が入り性に関することを話している時とどちらが楽しいでしょうか。

人それぞれあると思いますが過半数が後者だと思います。

 

このように性に関することから目を背けずに生きた方が楽しいというメッセージがあると思います。

特殊な性癖に関する悩み

娼年,伝えたいこと,

作中にイツキという女性が出てきますが彼女はかなりまがった性癖の持ち主です。

イツキは幼少のころ公然で小便をしたことで快感を得たことから自分は特殊な性癖の持ち主なんだと気付きます。

この一般的には考えられない性癖をイツキは領に対して打ち明け快感を得ていくシーンがあります。

 

他にもマゾヒスト・旦那に見せるために…など、特殊な性癖の方が出てくるんです。

これらのシーンから特殊な性癖は何も恥ずかしいことではなく人間である以上仕方のないことなんだというメッセージが込められていると感じます。

松坂桃李は「娼年」で何を伝えたいのか?

娼年,伝えたいこと,

娼年の主演でもある松坂桃李さんにインタビューしたときの答えとしては

自分をさらけ出すことができるやさしさのある映画」だといっています。

色々な記事で娼年について「性」という観点で記事がかかれていたりしますがそうではないということを伝えたいとも言っていますね。

 

セクシャルなものは繊細で言いにくい部分もあります。

その壁、ハードルを一段階下げてくれる映画だということです。

また映画の中では言葉を交わさずにコミュニケーションを図っていくこともあり体での会話も見ものです。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

公式サイトで0円視聴を体験する

配信サイトを確認する

娼年が伝えたいことは結局何?解説・考察!まとめ

娼年,伝えたいこと,

ここでは、「娼年が伝えたいことは結局何?解説・考察から結末をネタバレ!」と言うことで、娼年が伝えたいことが結局何なのかを解説・考察してきました。

映画「娼年」は、予告編にもあったようにかなり性に関する情報が盛りだくさんになっています。

また松坂桃李さんの濡れ場も多く、最後まで見ることができなかった人もいたのではないでしょうか?

それは間違っていませんが、娼年の結末ネタバレでもわかるように、人間としての価値を見出して生きる財産になる内容でした。

娼年の映画を一度視聴してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました