娼年は実際にやっているのか?舞台では本当にしてる・ガシマンで下手?

映画娼年 娼年

イケメン俳優松坂桃李さんが主役を演じた映画「娼年」。

映画はR18となっていて、男女の性表現の奥に隠された想いを描き出した作品となっていました、

それまでの松坂桃李さんのイメージとは違い、始まって間もなくその過激な内容が出て来ます。

 

あまりの表現力に、「娼年は実際にやっているの?」と思われた方も多かったようです。

娼年には「舞台」もあり、「娼年の舞台では本当にしてるの?ガシマンで下手?」などの声も聞かれました。

そこで今回は、「娼年」は実際にやっているのかについて検証してみました。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

>>公式サイトで
娼年を0円視聴する

/31日以内に解約すればタダ!\

※周りに人がいる時に
クリックしないでください※

「娼年」は実際にやっているのか:松坂桃李主演のR18の映画

映画「娼年」は、2018年04月06日(金)に劇場公開されたもので、女性の観客を中心に大ヒットとなりました。

まずは映画「娼年」について少しだけご紹介いたします。

「娼年」の原作は小説

映画「娼年」の原作は、作家の石田衣良さんによるベストセラー小説でした。

その小説が、脚本・監督の三浦大輔さんにより映画化されたものです。

娘の本棚から見つけた!
映画とちと違うけど主軸はほぼ同じ。(転載元:Twitterより引用)

原作と映画とは、また違った内容となっているのですが、原作と映画の両方を見た方は、

「原作と同じように心が熱くなる作品だった」「本当に見てよかった!」との声がありました。

 

映画を観て初めて「娼年」という作品を知った方は、原作が読みたくなったりした方も多かったのではないでしょうか♪

また、松坂桃季の濡れ場は必見とまで言われているようです。

「娼年」は映画の前に舞台で演じられていた

じつは映画「娼年」の前には、2016年に松坂桃李主演で舞台版が公演されていたのでした。

舞台版『娼年』の過去の公演

公演日 ①2016年8月26日 – 9月4日
②2016年9月7日 – 9月11日
③2016年9月14日 – 9月15日
公演数 ①全13公演
②全7公演
③全3公演
公演劇場 ①東京芸術劇場プレイハウス
②梅田芸術劇場シアタードラマシティ
③久留米シティプラザ ザ・グランドホール

舞台版「娼年」について、原作者の石田衣良さんはツイッターでこのようにコメントしていました。

原作者の石田さんですら、衝撃を受けた作品だったようです。

原作小説の文字が、舞台で実際に表現される事により、"より輝いた作品"となっていたのではないでしょうか。

そして、性表現を舞台で伝えるのはかなりの難関だったのではないかと思います。

 

実際に観客に衝撃を与えるほどの作品で「舞台が凄かった」という声を耳にしてみると、改めてキャストの皆さんのプロ意識の凄さを感じました。

人気俳優・松坂桃李の役者魂

三浦大輔監督は「性描写に関しては一切妥協しない」方で、それだけに映画「娼年」への演出もかなり念入りに、こだわりながら撮影されたのだそうです。

また、今回の映画の話を受けた松坂桃李さんも、迷いはなく即決で決められたのだとか。

表現する事に関しても、自身に責任を背負いながら熱心に取り組まれていたそうです。

特に気をつけたところは、領の微妙な表情です。
僕が今回、一番大事にしている部分でもあったかもしれません。

松坂桃李さんは、2009年に子供に人気の「侍戦隊シンケンジャー」でも主役を演じていました。

正直「娼年」では驚きましたが、これほど覚悟して挑んだ作品だと思うともはやその役者魂に脱帽でした。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

>>公式サイトで
娼年を0円視聴する

>配信サイトを確認する▶

※周りに人がいる時に
クリックしないでください※

「娼年」は実際にやっているのか?

映画「娼年」の主役となっているのが松坂桃李さんです。

それだけに、誰もが気になっているであろう『映画「娼年」は実際にやっているのか? 』について調査してみました。

映画「娼年」は半分以上が大人なシーン

映画「娼年」あらすじ

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている東京の名門大学生の森中領。
ある日、御堂静香という名前の美しい女性がバーに現れた。
「女なんてつまんないよ」という領に静香は”情熱の試験”を受けさせる。
それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。
入店を決意した領は、翌日から娼夫・リョウとして仕事を始める。
最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく

「娼夫」というのはあまり意識した事がないだけに、映画では衝撃を受けましたね!

娼夫を仕事として始めた主人公の成長を描いていく映画という事で、その内容の半分以上がAVを思わせる過激な内容となっていました。

R18で上映される映画館も限られていたようですが、特に女性観客やカップルで見に来ていた方が多かったようです。

 

やはり、あれだけのイケメンですから当然ファンも多く、松坂桃李さんのファンであれば是が非でも見に行ってしまうでしょう。

しかし濃厚なシーンもあり、中には「あまりに過激でショック」という声も多く見られました。

>>過激シーンは続きから…♡

映画版「娼年」は実際にやっているのでは?

映画「娼年」では、濃厚なキスシーンや下着を脱がせるシーン、激しく絡み合うシーンが多く登場します。

主人公リョウが、女性と合体するシーンでは、「実際にやっているの?」「入れてるように見える」などと感じるほどでした。

しかし、今作はR18でしたがAVではありません。

俳優の身体の動きをこと細かくシュミレーションし、それに伴うカメラの位置を徹底的に検証。
リハーサルはなんと5日間にも及んだという。

転載元:cinemacafe.netより

演出にはかなりこだわって撮影しているため、影の作り方やその角度によってそのように見えているだけでしょう。

そもそも、まさしく演技とわかるものでしたら、これまで話題になっていなかったかもしれません。

「実際にやっているの?」と思わせるほど上手く表現できていたという事ですね!

舞台版「娼年」では実際にやっているようにリアル!

映画版では演出などでその過激さを上手く表現できていたかもしれませんが、舞台となれば機械の力も使えません。

しかし、舞台を見終えた方は「入れているような音」「体液などリアルだった」、との意見もありました。

もちろん、松坂桃李さんや女優陣も前張りはしているであろうが全裸です!

松坂桃李さんが全裸と言うだけで劇場は衝撃的だったのではないでしょうか。

「娼年」のラブシーンについてテレビ番組で話していたのは、

AVを見て研究した」とのこと。また、舞台で演じていた頃はホテルに帰ったあと夜中にこっそりカードを購入して鑑賞!研究に励んだと告白しています。さらに舞台ではずっと腰を使い続けたため「腰が終わるかと思った」ほどハードだったそうです。

松坂桃李さんほどの人気俳優に実際にそんな行為をさせるわけにもいけませんし、本当はやっていないと思われます。

出来るかぎりの極限の演技で挑まれているのではないでしょうか。

松坂桃李さん、お若いのに改めて凄い俳優さんだと感じました。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

>>公式サイトで
娼年を0円視聴する

>配信サイトを確認する▶

※周りに人がいる時に
クリックしないでください※

映画「娼年」の演技はガシマンで下手!?

映画「娼年」に対して高い評価をする声とは逆に、「ガシマン」「下手」といった声もあったようです。

それはどのようなものなのでしょうか?

絡みのシーンに対してのコメントでしょうか。

監督も松坂桃李さんも男性ですから、女性目線はまた未知なるものだったのかもしれませんね。

監督の入念な指導に従って撮影されていたようですから、絡みの部分に対しては松坂桃李さんのプライベートとはまた違っているのではないでしょうか。

感じ方も人それぞれあるので、色んな意見がありますね。

松坂桃李さんはAVを見て研究されていたそ言ってありましたね。

そんな姿を想像すると、とても可愛く思えてしまいますね♡

こちらのように大絶賛される声も圧倒的に多かったのです!

筆者としては、俳優・松坂桃李さんのイメージを覆す、更なる魅力を発揮できていた作品だったのではないかと思います。

映画「娼年」フル動画
↓ U-NEXTで無料視聴OK ↓

娼年,伝えたいこと,

>>公式サイトで
娼年を0円視聴する

/31日以内に解約すればタダ!

※周りに人がいる時に
クリックしないでください※

「娼年」は実際に現実にいるの?

今回の映画「娼年」のように、女性向けに性的なサービスを行うお店はあるのでしょうか?

実は数は少ないですが、存在しています。

実在する性的サービス店では、「娼年」のように会話を楽しむ人がいたり、試しに少しずつ性的なサービスを行ったりするようです。

ただし、男性向け風俗と同じように本番行為は禁止です。

その手前までやってくれるみたいですね!

>>実際の雰囲気を見てみる

娼年は実際にやっているのか?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Minako Toda(@wildflower_375)がシェアした投稿

いかがでしたか?

今回は映画「娼年」は実際にやっているのか?についてごご紹介しました。

思わず勘違いしてしまう程完璧な作品となりましたが、結論としては「実際にやっていない!」でしょう!

また、舞台では本当にしてるやガシマンで下手などについても検証してきました。

作品には本当に圧倒されましたが、俳優・松坂桃李としても新たな道が開けたのではないでしょうか♪

 

一人一人に対して向き合う主人公の姿に、男女の性の裏側にある奥深いものを感じ、大変素晴らしい作品でした。

まだ見ていない方は、ぜひご覧になられてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました